インフルエンザの検査

毎年12月~3月に流行するインフルエンザですが、インフルエンザの予防接種を受けても感染してしまうリスクが無いわけではありません。この時期に体調が悪くなった場合はインフルエンザを疑った方がいいです。
インフルエンザかどうかの判断行うには、どのタイミングで医療機関で検査を行えばいいのかを知っておくと、冷静に対処できるのでご紹介します。

インフルエンザ 潜伏期間は1日~2日と言われており、その後症状として急激に38度以上の高熱が出て頭痛、関節痛、全身の倦怠感、悪寒が伴います。
風邪と違い急激に症状が出るので、このような症状が出た場合にはインフルエンザを疑い、医療機関で検査を受けられるとよろしいです。
しかし、発熱などの症状が出て医療機関で検査を行ってもインフルエンザの陰性時反応が出ないこともあります。
検査を受けられるタイミングとしては、緊急を要する症状などの場合には速やかな受診が必要ですが、なるべくなら発熱などの症状が出て12時間以上経過してから検査を受けられることお勧めします。

陰性反応が出た際には症状を軽減させる治療薬が処方されます。
主に抗インフルエンザウイルス薬のタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどが処方されますが、感染後の48時間以内に使用しなければ効果が低くなってしますのでご注意ください。

インフルエンザかどうかの判断をするタイミングとしては、12時間~48時間以内に医療機関で検査されると適切な処置が行えることを認識しておいてください。